いつになったら?

 福岡県では4,000人弱、全国では7万人と、コロナウイルス新規感染者数の急増に歯止めがかかりません。陽性になった、濃厚接触者になったとあちらこちらから情報が入り、もうお手上げ状態です。


 これまで保育園で陽性者が出た時は、保健所の指示に従うことになっていましたが、保健所は医療機関、高齢者・障がい者施設など、クラスターが発生しやすい状況や業態に重点化してかかわることになったそうで、保育園は園内で調査、対策をしなくてはいけなくなりました。


 周辺の保育園も、休園・学級閉鎖、登園自粛などになっているようで、コロナウイルスの脅威から逃れるのは不可能かもしれません。PCR検査を受けても、結果が出るのに4~5日かかり、その間、職員は出勤することができません。こんな状態が続けば、保育園を休園しなくてはいけない日は遠くないでしょう。


 福岡市から、保育施設で職員・園児の新型コロナウィルス感染症陽性者が出た場合の対応について、フロー図が出ています。


 それによると、園児・職員は陽性が判明したら、園に報告し、園は福岡市の担当部署に報告します。園では、チェックリストに添って濃厚接触者に該当する可能性がある園児や職員を特定し、濃厚接触者が特定したら、登園自粛をお願いすることになります。周りの保育園の情報では、学級閉鎖から休園になることもあるようです。


 園児の待機期間は、陽性者と最終接触をした日を0日として10日目まで、職員の場合は、6日目にPCR検査又は抗原定量検査、6,7日目に抗原定性検査(簡易キット)で陰性を確認できれば、その日から業務に従事できるそうです。


 濃厚接触者の特定も、学級閉鎖、休園の判断も保育園がしなくてはいけないとなると、とても難しいと感じます。マニュアル通りにいかないのは明らかで、その都度判断に悩むでしょう。毎日毎日コロナウイルスの情報に振り回されています。「大丈夫!」と思える日はいつになるのでしょうか?




 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square