これからも・・・

 りんご3組(5歳児)の子ども達と3年間毎日一緒に過ごしたY先生が、先日のお別れ会で話してくれた言葉の意味がやっとわかったような気がします。


 『こんなに遊びで子ども達が成長するのをそばで見ていて、本当にすごいなと思います。うまく説明できないんですけど・・・。」と、一生懸命話してくれる口ぶりから、日々の遊びの中で、子どもだちが成長したことを心から実感してあることは伝わって来ました。


 文字が読めるようになる、数字が書けたり、たし算ができるようになるような成長は目に見えます。でも、遊びでついた力は目には見えにくいので、子どもにとって遊びがどれほど重要かが一般の方には理解されにくいのでしょう。

 りんごの花保育園の保育室には、たくさんの遊びのコーナーがあり、子どもが自由に選べます。いつ見に行っても、子ども達は目を輝かせて遊んでいます。


 5歳児男の子達のLaQへの飽くことがない探求心は素晴らしいです。小さな小さな部品を組み合わせて恐竜や昆虫、乗り物などを作り上げています。最近は、LaQの本の表紙の小さな絵を見ながら、どうやってできているのか自分で考えて作っています。

 遊びで育つ力とは・・・忍耐力、想像力、手先の器用さ、道具を操ることができるようになる、物の性質がわかる、豊かな言語表現、そして友達とコミュニケーションを取る力、力を合わせて目的を達成する力・・・楽しく面白い、真剣な遊びは様々な力を育んでくれます。  今回、卒園式の練習の時に、一人一人の子ども達が自分で考えて行動したり、変化に柔軟に対応したり、友達に優しく教えてあげたりする力は、3年間の遊びの中で身についた力だと思います。

 Y先生は、「入園した頃は『○○してもいいですか?』って、何をするにも聞いていた子ども達がだんだん自分で考えて行動するようになって、今では聞くことはなくなりました。」とも話してくれました。  りんごの花保育園は、こらからも、子ども達の主体性を尊重し、豊かな遊びを通して心と身体そして様々な能力を育てていきます。

特集記事
最新記事