こんばんは保育

 認可保育園の開園時間は11時間が標準で、りんごの花保育園も朝7時から夜18時までが通常の保育時間です。11時間・・・長いですね。労働時間は平均8時間未満でしょうから、それに通勤時間として3時間程度プラスしてという積算になるのでしょうか。でも、やっぱり長いです。


 11時間保育園にいる子の中には、0歳児もいます。どこの園も未満児の割合が高いのではないでしょうか。こんなに小さいのによく頑張っているなと思います。だからこそ、保育園は居心地が良くて、自分らしく過ごせる場でなくてはと思っています。


 11時間の標準保育時間を超えると、延長保育となり、別途料金がかかります。料金は園によって違いますが、そんなに大差はないようです。りんごの花保育園は、2時間の延長保育を行っているので、20時までで、月曜日から土曜日まで同じです。


 延長保育、居残り保育・・・と呼ばれることもありますが、ネーミングは大事なので、りんごの花保育園では、『こんばんは保育』と呼んでいます。今年度『こんばんは保育』を利用する子が増えて、月極で利用する子は13名になりました。1年目は2,3人、2年目は4,5人、そして今年度3年目は急激に増えて、ずいぶん賑やかです。


 夜6時になったら、お腹が空くので、給食の先生が作ってくれた小さな俵型のおにぎりを2個食べます。もっと食べたいという子もいるのですが、おなか一杯になると、おうちで夜ごはんを食べれなくなるので、その程度がいいと思っています。忙しい朝は、おうちの方と一緒に食べるのは難しいでしょうし、昼は給食なので、夜ごはんはおうちの方と一緒に食べてほしいと思います。


 最近は暗くなるのが早くて、寒くなったので、『こんばんは保育』の子ども達も少し心細そうですが、お友達が増えて、子ども達の笑い声が響いているのが嬉しいです。夜は大人だって寂しくなりますからね。


 一人、また一人と帰ってしまうので、最後までいる子が楽しめるような『こんばんは保育』専用の特別な玩具を準備しました。楽しんでくれるといいなと思います。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square