コロナウイルス感染症の脅威

 今朝、保育園に出勤したら状況が一変していました。近隣の小学校でコロナウイルス感染症が広がっていて、きょうだい児が通う学校の学級閉鎖の連絡が次々に入りました。小学校だけではなく、保育園でも陽性者が出ているそうです。こんなに身近に感染を感じたのは初めてです。


 学級閉鎖になったきょうだい児の保護者の方がお迎えに来られて、「今週いっぱいお休みします。」と言われる方もいらっしゃいました。急な展開になかなかついていけなかったのですが、もうそこまでコロナウイルス感染症の脅威が忍び寄って来ています。


 夕方、玄関前に今の状況を掲示して、今後りんごの花保育園でも感染者がでるかもしれないことを伝えました。どうなるかわかりませんが、慌てないよう心の準備をしておくのは大事です。福岡市の担当部署に電話で尋ねたのですが、学級閉鎖になっても、きょうだい児が陽性や濃厚接触者と認定されなければ、保育園できょうだい児のお子さんを預かることはできるそうです。


 明日はりんご組がお店屋さんごっこをするので、小さい子ども達がお客さんになって買い物をする予定でしたが、延期することにしました。子どもたちはがっかりするでしょう。


 オミクロン株の感染力は、これまでと比べものにならないほど強いそうです。でも、症状は軽く、風邪のようだという報道もあります。風邪と区別ができないほど軽いのなら、もうこの厳戒態勢は状況に合わないのではないでしょうか。後遺症などの問題もあるので、態勢を緩めることはできないのでしょうが、これほど広がるとお手上げです。


 コロナウイルス感染症に罹ることよりも、周りの人に与える影響の方が怖いですね。やっぱり、誰が陽性だったのか、どんな状況で広がったのかに関心が向き、感染した人が悪いような話になってしまいます。病気なのに、犯人捜しのような話が広がり、コロナウイルス感染症のダメージよりも、人から受けるダメージで心を病んでしまいそうです。


 軽い風邪程度だったり、無症状であれば、罹っている自覚がなく通常通りの生活をしている人から感染は広がっていくでしょう。もう感染を止めるのは難しいですね。政府には罹った人が罹ったことに後ろめたさを感じなくていいような対策を考えてほしいと思います。人権がかかっています。 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square