一人一人が輝いた運動会

昨日の運動会の感動が冷めないまま、ブログを書いています。運動会の意義は、一人一人の子ども達が、今の自分よりも大きくなりたいと思ってがんばること、そして、友達と一緒に力を合わせる楽しさを感じ、友達っていいなと思えるようになることだと思います。

 小さい子どもでも競争意欲が働きますが、それは、今までの自分との競争である方がいいと思っています。そう思えるようになるには、大人の関わりや考え方がとても重要です。一人一人違う子どものことを理解し、その力を信じて、その子に合わせた目標や成長の見通しを立て、認めたり、励ますこと・・・そして時には折れそうになる心に寄り添うことが大切です。

 運動会には、今までの先生達の関わり方がよく表れていました。鉄棒で、何十回も逆上がりをする子もいれば、前廻りがやっとの子もいました。でも、みんな「できました!」と誇らしそうでした。そんな風に思えるのは、先生達が一人一人の「できました」を応援したからでしょう。


 りんごの花保育園の運動会は時間がかかります。でもそれでいいと思っています。一人一人の子どもが輝くために必要な時間なのですから。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square