保育園見学

 一年が経つのは早いですね。来月下旬から令和5年度の保育園入所申込が始まり、12月第1週には一時申込受付が締め切られます。


 福岡市は入所申込前に5つの保育園を見学するように言っています。1ヶ月余りに5つの園を見学するのは大変だと思います。保育園によっては、見学できる日が限られていたり、お子さんが体調を崩したりすることを考えるとそんなに時間はないですね。


 りんごの花保育園でも、来年度の入所のために見学を希望される方が増えて来ました。いつでも大丈夫なので、見学を希望される方はお電話をお願いします。子ども達の姿がよくわかる10時くらいに見学に来られるのがオススメです。


 全国で待機児童が激減し、現在3.000人を下回っています。想定以上に速いスピードで保育園の定員割れが進んでいて、今後のことを考えると不安になります。


 でも、悪いことばかりではありません。保育の量が満たされたので、今後は質の向上に目が向けられることになるはずです。子どもにとって良い保育をしている園が選ばれる時代になります。子どもにとっては、一番大事なことです。


 『保育園を考える親の会』代表の普光院亜紀さんが、保育園を見学する時の視点について語られていました。


 子どもを大切にしている園は、保育者の声が小さい・・・。大きな声を出して子どもに指示命令していることが多い園は、子どもの意思を尊重しているようには思えない。それから、良い園は、見学の時、保育や子育てについて園長に質問したら(熱く)語ってくれると言われていました。


 りんごの花保育園は、全て当てはまると自負しています。どうぞいつでも見に来てくださいね。お待ちしています。

特集記事
最新記事
アーカイブ