台風14号

 台風14号が上陸するという予報を受けて、昨日は先生たちが園舎内外の台風対策をしてくれました。昨年、同じ時期に大型台風が来て、福岡市が初めて保育園が休園することを認めてくれましたが、今回は該当しなかったようで、普通通り開園しました。


 福岡市の小中学校は休校になったので、お休みしているお子さんが多く、半数くらいの登園になりました。お昼前後にお迎えに来てくださるご家庭もあって、台風に対する意識が変化したことを感じます。


 梅雨の時期は大雨、秋は台風、冬は雪と自然災害に悩まされることが増えてきました。防災の意識を高めることは、一番大切な命を守る上で本当に大事です。意識を変えるには、これまでの経験やデータ、想像力などを働かせることが必要になりますが、それだけ自然災害に見舞われることが増えたということでしょう。不安になります。


 りんごの花保育園のすぐそばには室見川があるので、雨が降ると、ネットで定点カメラを見るようにしています。迅速な対応をすること、慣れない(たいしたことはないだろうと侮る)ことがないようにしなくてはと思っています。


 午後から、遠方から出勤する先生たちに、帰ってもらいました。自転車で出勤している先生たちもなるべく早く帰ってもらえるようにと思っていましたが、なかなか難しいです。


 台風などの自然災害が予想される時は社会全体で休業・休校になるといいのですが、病院や非常事態に対応しなくてはいけない仕事に従事されている方は難しいですね。保育園もそんな方々を支えなくてはいけない役割を担っているので、休園はなかなか難しいです。


 毎年、毎回自然の驚異に怯えていますが、これまでも自然と闘い、共存してきたのですから、これからもきっと大丈夫です。過去の経験から得た知恵で、さらに上手に乗り越えていきたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square