top of page

夏がやってきた!

 大雨から一夜明け、保育園が無事だったことを喜びながらも、近隣で浸水の被害が多数あったことを聞いて、心が痛みました。自然災害は、これまでの予測を超えて来るので本当に怖いです。


 今回は、子ども達の登園前だったので、比較的対応がスムーズでしたが、5年前のように保育中だったらと思うと、どうすればいいのか悩みます。梅雨の終わりの雨には要注意とわかってはいても、事前にどう対策すればいいのでしょう?


 今日は、昨日までの空模様とは打って変わって熱中症が心配になるほどの暑さでした。極端な気温変化は、自然を大切にしない人類への仕返しなのかな?と思ったりしています。大雨に熱中症・・・小さな子どもたちはリスクが大きいので、その責任の重さを感じています。


 りんご組(3・4・5歳児)は、プール開きをしました。今年も、事故や怪我がなく水遊びができるよう、水の神様にお祈りしました。そんな時の子ども達の顔は神妙で一生懸命で、とてもかわいいです。約束を守って思いきり楽しんでほしいと思います。


 大きなプールに水が並々と入ると子ども達は歓声を上げてプールに入りました。初日なので、みんな一緒に入り、プールは大混雑。水しぶきがかかると嫌な子は、周りにあるタライの水でおもちゃを手にそれぞれゆったりと楽しんでいました。


水遊びをすると、とても疲れるので、水遊びをした日はお昼寝をします。お昼寝が嫌いな子もいますが、暑い夏を元気に乗り越えられるよう、本当に寝なくてもいいので、1時間程度ゴロゴロします。いつもと違う流れになると、子どもも大人も戸惑ってしまいますが、だんだん夏のリズムにも慣れて、自分で考えて行動してくれるようになるでしょう。


 水着になった子どもたちを見ると、急に背が伸びたように感じました。夏はさらに身長が伸びる時期なので、あっという間にお兄さん、お姉さんになってしまいそうです。子どもたちの成長に圧倒されずに、私も自分がやるべきことに一生懸命取り組みたいと思います。

댓글


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page