top of page

大人の役割

 昨晩、ブログを見た娘からLINEが来ました。「タイムリーなブログでした!言っても言っても響いてない感じがするのは、そのタイミングじゃないのかもね。口うるさく言わないよう、気をつけるよ。何かをなくしたとか、お迎えが遅い(全然遅くない)とかで昨日も今日もシクシクしてたよ。一年生の4月は、親子ともども試練だね」


 新しいことづくめの4月は、みんなそれぞれの場所で苦しい思いをしたり、悩んだりしているのですね。小学校に入学した孫娘が小さな身体で精一杯頑張っている姿を想像して苦しくなりました。


 りんごの花保育園の卒園児のSちゃんは、毎朝保育園に妹を送ってから小学校に行くのですが、昨日、玄関で在園児の子とすれ違った時に「いいなぁ、保育園」と言う言葉を聞いて、ハッとしました。


 小学校という大きくて自由な社会に足を踏み入れた子ども達は、毎日ワクワクしたり、ドキドキしたりの連続なのでしょう。今までのように、いつも近くに大人がいてくれるわけでもなく、自分で考えて行動した後に、間違っていないかと更にドキドキしているのかもしれません。


 こんな大変な時期、大人は、あまり口出しせず、目を離さず、必要とされた時はしっかりと手をかけてあげたいですね。疲れている時はギュッと抱きしめてあげてください。ホッと安心できる場所が必要です。


 


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page