小さな子どものマスク着用

 オミクロン株の流行に歯止めがかからず、子どもの感染が急増しているので、2歳以上の子どもにマスク着用を推奨するというニュースが流れました。様々な反対意見があったため、2歳という年齢を明記しないものの、子どものマスク着用は推奨するということになったようです。


 マスク着用など基本的な感染予防をすることが大事なのは、これまでの経緯でよくわかっているつもりですが、それでも子どもにマスクを強要するのは止めてほしいと思います。


 子どもは、大人よりも呼吸数が多いので、余計に息苦しさを感じるのではないでしょうか?大人だって一日中マスクをしていると苦しいですよね。でも、子どもは大人に言われたら、一生懸命大人の言うとおりにしようとします。大人のように、人がいない時にマスクを外したり、息苦しさを訴えることはしないかもしれません。


 特に、保育園に通う子どもたちは、11時間も12時間も保育園で過ごしています。その間ずっとマスクを着け続けるなんてかわいそうです。子どもの皮膚は薄く、繊細なので、長時間のマスク着用で荒れたり、耳の後ろが痛くなってしまうこともあるでしょう。


 子どもにマスクを着けさせようとするのは、本当に子どものためでしょうか?たとえ感染したとしても、子どもは軽症であることはデータが示しています。子どもには選択する権利はないのでしょうか?


 今の感染状況や子どもの命を預かる保育園に勤めている私が言ってはいけないのでしょうが、保育園に通う子どもたちにマスクを強要するのは止めてほしいと思います。それよりも、周りの大人が感染しないような対策をもっと取るべきではないでしょうか?


 子どもの感染が増えているから、子どもたちみんなにマスクを着用させる・・・感染対策上は正しいのでしょうが、子どもの特性や生活を考えると、これが良い方法だとは思えず、悶々としています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square