意外にいいかも?

 今日は5月の誕生会でした。コロナ感染症対策のため、初めて園庭で行いました。室内だと、以上児クラスと未満児クラスに分かれなくてはいけないのですが、お誕生会はりんごの花保育園の子ども達、先生たちみんなでお祝いしたいので、園庭で行うことにしました。園庭だと集中できないかな?と思いましたが、意外にもみんな一生懸命、楽しそうにお話を聞いていました。



 5月生まれの誕生児は3人。4月生まれで4月の誕生会の日に休んでいた1歳児のRくん、先日転園してきた4月生まれの4歳児のMちゃんと、みんなで5人の子ども達のお祝いをしました。


 転園してきたばかりのMちゃんが、誕生児紹介で下を向いてじっとしていたので嫌だったのかなと思ったのですが、誕生会が終わった後、とても嬉しそうに自分から話しかけてくれました。子どもは、自分の気持ちを表情や態度に出せないこともあるのですが、本当の気持ちはよく見ているとわかります。Mちゃんが嬉しく思ってくれたことがわかって、私も嬉しかったです。


 誕生会では、担当のM先生が、ペットボトルを使った実験をしてくれました。ペットボトルにエタノールを入れて、密封し、何度か圧を加えると、一瞬でペットボトルの中が真っ白になりました。子ども達は魔法が大好きです。一瞬で色が変わったペットボトルに釘付けになっていました。自分でやりたいと子ども達から要望が上がったので、りんご組(3・4・5歳児)の保育室でも、再現したそうです。


 最近の誕生会では、先生たちが科学のおもしろさが伝わる実験をよくしてくれます。科学の力や科学的な発見が子ども達の心を揺さぶっている姿を見ると、もっと保育の中にも取り入れたいと思います。


 明日は、『キラキラデー』。科学のおもしろさが伝わる実験も『キラキラデー』の中でたくさんできそうです。今年度の目標『考えよう、知ることはおもしろい、わかることは楽しい』を実感できるといいなと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索