成長の確認

 一昨日、久しぶりに近くのグループホーム『さくらの家』さんの訪問をするりんご3組(5歳児)の子ども達について行きました。


 コロナウイルス感染がなかなか収まらない中、ほんの短い時間でも欠かさずに訪問をしています。


 今回は、玄関から少し距離を置いての対面でしたが、子ども達のことを愛おしそうに見られる眼差しが温かくて、訪問できてよかったと思いました。りんご3組(5歳児)の子ども達は、自分で考えて絵を描いたり、コスモスを作って花瓶に挿してラッピングしたものをプレゼントしていました。


 プレゼントを渡す時、「いつもやさしくしてくれて、ありがとうございます。」と言うと、「まあ、まあ、こちらこそ優しくしてもらって・・・」とさらに目を細めて子ども達を見ていらっしゃいました。


 開園してずっと続いている『さくらの家訪問』ですが、4年も経つと、おばあちゃんたちが歳をとられていることに気づきました。当然ですが、私も含めて人は変わっていくことを実感します。りんご3組(5歳児)の子ども達も大きくなりました。


 りんご3組は、女の子が2人しかいないのですが、前日、前々日と偶然にも同じTシャツを着ていました。それがとても嬉しかったようで、「私達、気が合うんだよね~。」「考え方が似ているんだよ。」と大人びた話し方をするYちゃんとSちゃんがかわいいです。


 公園で転んだことを話すYくんに、「すごいね、泣かなかったの?」と訊くと、「3組が泣いたらおかしいやろ。」と言われ、りんご1組(3歳児)の頃まであんなに泣いていたのに…と思うとおもしろくて、寂しくなりました。


 子ども達がスクスク育つ姿を見ながら、ここ(りんごの花保育園)が安心して成長できる場であったことを確認することができました。まだまだ卒園までたくさんの成長を見せてくれそうです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索