新しい出会い

 今週は、令和4年度に入園する保護者の方とお子さんに園に来てもらって、新入園児説明会を行っています。コロナウィルス感染対策のため、昨年に引き続き、個別での面談としました。30分程度・・・と思ってはいるのですが、初めてお話しする方もいらっしゃるので、情報を伝え合うためについつい長くなってしまいます。


 今日は3組の親子の方が来られました。みんなとてもかわいいです。保護者の方とも直接お話しできて4月の入園がとても楽しみになりました。残念ながら、コロナ対策で、入園式・進級式・保護者会総会は中止にしました。初めての入園なのに、記念の式もすることができず申し訳ないです。第6波の感染はいつ収束するのでしょう?春の訪れとともに、ウイルスが消滅することを願います。


 面談に来られたお母さんから、きれいなお花とメッセージを頂いて、感激しています。メッセージには、「近隣の保育園7か所に見学に行ったのですが、キラキラした笑顔で無邪気に話しかけてくれたのがりんごの花保育園の子たちでした。ずっとこちらに入園させたいと思っていたので嬉しいです」と書いてありました。私の方こそ嬉しいです。


 園庭開放で、時々遊びに来られていたのですが、コロナ対策のために十分なことができなくて申し訳なく思っていました。こんな風に思っていただいていたことを知って本当に嬉しかったです。


 園に見学に来られて、りんごの花保育園の子ども達の姿を見ると、いいね!と感じてもらえると思います。主体性を尊重し、子どもの思いに寄り添う保育を行っているので、子ども達は生き生きして、みんな優しいです。今日も、2階の保育室で3歳児のお子さんの面談をしていると、りんご3組(5歳児)の子ども達が、ずっと遊んでくれたそうです。


 帰られるときには、下までその子の手を繋いで降りて来てくれました。親子写真を撮ろうとすると、「ここに入ったらいいよ。」とお父さんとお母さんの間にその子を連れて行ってくれました。私たちの姿をしっかり見ているのでしょうね。嬉しい新入園児説明会の初日でした。


 

特集記事
最新記事
アーカイブ