top of page

日常のありがたさ

 昨夜から降り続く雨と雷にドキドキしながら、早朝、保育園に向かいました。予想通り、玄関は水浸しで、園のプリンターには避難指示を伝えるfaxがたくさん届いていました。室見川の定点カメラに映し出された川はもう少しで決壊寸前、どうしよう?5年前より酷い…慌てて福岡市に電話をすると、警戒レベル4で避難指示が出ているので休園していいという返事でした。出勤していたT先生の娘さんのご自宅が浸水して、避難しているというメールも届き、さらに緊張感が増しました。


 全園児の保護者の方に一斉メールで、「本日は休園します」と伝えて、荷物を上に運びました。その間に、登園したご家庭が2組。雨の中せっかく登園してくださったのに、事情をお話して帰ってもらい、とても申し訳なかったです。


 一斉メールで休園を知らせたのですが、メールに気づかない方もいらっしゃったので、今度は先生たちがそれぞれのご家庭に電話してくれました。一斉メールと同時に電話をすればよかったです・・・すみません。


 1階にあるもので濡れてはいけないものを次から次へと2階に上げて一息ついたところで、さらに室見川の水位が上がったことを全国ニュースで知り、先生たちの命を守るために一時帰宅してもらうことにしました。


 その後、あの雨が嘘のように止み、ほっと安心するとともに、子どもたちを預かって、保護者の方の就労を保障することができなかったことに心が痛みました。こんなことならと思いますが、自然災害は予想を超えるので難しいです。天気がすっかり回復したので、午後2時に先生たちに出勤してもらい、荷物を元の場所に戻しました。


 激しい雨の行方にハラハラ・ドキドキしました。日常が、いつも通りの生活ができるありがたさをしみじみ感じながら帰宅しました。休園にご協力いただき、本当にありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page