top of page

明日は卒園式

明日はいよいよ卒園式です。午後から、子どもたちが卒園式でおうちの方に渡すアレンジフラワーを作りました。自分で好きな花を選んで、オアシスに挿すのですが、とてもワクワクするようです。最初は、花の茎をどこで切っていいかわからずに、「どうしよう?」「ここでもいいかな?」と悩みながら切っているのですが、すぐに慣れて、「僕のお父さん、白い花が好きだからコレにしよう。」「私のお母さんはピンクが大好き」と楽しそうに花を選んで作っていました。


 一人一人違って、みんな素敵なアレンジフラワーができたので、明日は言葉を添えておうちの方にプレゼントします。卒園証書も上手にもらえるようになった子どもたちは、もう保育園の小さな部屋ではおさまらないくらい体も心も大きく成長しました。それが嬉しくもあり、寂しくもあります。


 コロナウイルス感染防止のために、3月6日に予定していたお別れ遠足ができなかったので、卒園式の後に、みんなでお弁当を食べながら室見川でお花見をする予定だったのですが、荒天のために中止にしました。


 1週間前から、明日土曜日の天気は全国的に雨・・・。外れることもあるし、まだ先のことだしと思っていたのですが、雨(荒天)の予報は覆りませんでした。天気の神様はいじわるです。こんなにかわいい子どもたちの楽しい時間を奪ってしまうなんて・・・。


 明日の代わりにと、りんご3組(5歳児)担任のY先生とT先生、主任のA先生は、子どもたちと一緒に室見川に行ってジュースやお菓子を食べてミニミニハイキングを楽しんできました。天気も良く、思い切り体を動かして思い出に残る時間を過ごしたようです。ハイキングに行く前は、毎月1回訪問していたグループホーム『さくらの家』さんに最後のご挨拶にも行きました。


 11月からりんごの花保育園で働いてくれている子育て支援員のY先生と一緒に花の苗を植え替えていると、「年長さんに会えなくなると思うと寂しいですね。私はたった4か月一緒にいただけでこんなに寂しいのに、園長先生はもうずっと一緒だから寂しいでしょう。」と言われました。この4年間子どもたちと過ごしたいろいろな場面が思い出され、別れの時が近づいていることを思い知らされました。大丈夫でしょうか?明日、ちゃんと卒園証書を渡せるのか、自信がありません。でも、子どもたちの大事な節目の時なので、がんばらなくては・・・!

特集記事
最新記事