楽しいと感じられる

 今日も暑かったですね。体温よりも気温が高いなんて、信じられないような日々が続いています。体もおかしくなりそうです。


 

 そんな中、はな組(1・2歳児)の子ども達は、絵具で色をつけた氷を使ってお絵かきを楽しんでいました。まるでアイスキャンディのようにかわいい氷タンポを使ったお絵かきです。冷たくて、おいしそうで、思わず食べようとする子もいました。暑い夏ならではの活動を毎日楽しめるのはいいですね。手を替え品を変え、楽しくておもしろい活動を提供してくれる先生たちに感謝です。


 嬉しい話がひとつ。先週から新しく未満児クラスを担任してくれているA先生が、昨日、お子さん

(5歳児)を保育園に迎えに行った時に、「延長保育楽しかった?」と尋ねると、「楽しかった。」と答えてくれたそうです。延長保育を利用する時、お子さんが楽しく過ごせたのか気になりますよね。


 お子さんの「楽しかった」という言葉に安心したA先生は、「お母さんもお仕事楽しかった~。」と言ったそうです。思わず出た言葉だったそうですが、今朝、仕事に向かうA先生に、息子さんが、「お母さん、お仕事楽しんでね。」と言ってくれたそうです。「『お仕事がんばってね。』と言われるより『楽しんでね。』と言われた方が嬉しいですね。」と話してくれました。


 A先生は、「子ども達がかわいくて、りんごの花保育園での仕事が楽しいので思わず出た『楽しかった』という言葉なんです。」と言ってくれましたが、それは、私も同じです。きっと、りんごの花保育園の先生たちはみんなそう思ってくれていると思います。


 この暑さで先生たちも疲れていると思いますが、子ども達のかわいさが元気をくれます。楽しいと感じられる仕事ができることに改めて感謝しました。

特集記事
最新記事