社会的価値

コロナ禍で、看護師不足が深刻化していると連日報道されていますが、給料が仕事に見合わないという声も上がっています。看護師に限らず、社会的価値がある仕事をしている人たちの賃金が低いのはなぜでしょうか。


  ・・・と東洋経済のオンラインのコラムを読んで考えさせられました。アメリカでは、それぞれの職業が経済全体に対し、どれだけの価値を追加しているか、または差し引いているかを計算している経済学者がいます。


 貢献度を計算できるもののうち、最も社会的に価値のある労働者は医療研究者であり、その職業についている人々は、1ドルの給料につき9ドル分の価値を追加しているそうです。


 一方で、最も価値の小さい労働者は金融部門で働いている人々で、平均して1ドルの報酬につき、社会から1ドル以上の価値を差し引いている・・・


 イギリスの財団が行った「社会的投資収益率分析」を用いて行った調査では、シティの銀行家は、年収約500万ポンドで、1ポンドを稼ぐごとに推定7ポンドの社会的価値を破壊し、保育士は、年収約1万1500ポンドで、給与1ポンドを受け取るごとに推定7ポンドの価値を算出している・・・と検証しています。


 これらのことから、他者のためになる労働であればあるほど、報酬が少ないという一般論が裏付けられるという記事を読み、資本主義的社会やその社会の在り方を批判する気持ちが湧いてきます。


 どの社会も平等ではなく、一部の力を持った人たちが世界を動かしている・・・それは当たり前のことなのでしょう。でも、お金や地位があるからといって、幸せなわけではありません。日々誰かのために働き、人に感謝されて、心豊かに生きることの方が幸せではないでしょうか。


 そう思いますが、それでも、看護師の給与も、保育士の給与も、その社会的価値に見合ったものになってほしいと思います。


 



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square