第1回『キラキラ・デー』

 

 今年度最初の『キラキラ・デー』でした。3日間雨が降り続いているので、体力を持て余している様子の子ども達は、少し集中力が途切れがちでしたが、長い話し合いの末に、グループ名が決まったようです。りんご1組(3歳児)の子ども達にとっては、初めての話し合いの場だったので、その場に最後までいることができただけでも成長でだと思います。


 『キラキラ・デー』では、3・4・5歳児の異年齢でグループをつくり、子ども達の興味があるものをテーマにして、1年間テーマについて考えたり、調べたり、意見を出し合ったりして活動を広げたり、深めたりします。今年度のりんごの花保育園の目標である『考えよう、知ることは楽しい、わかることはおもしろい』を達成するカギを握る活動です。


 もうすぐ『キラキラ・デー』が始まることを先生たちから聞いていた4・5歳児の子ども達は、それぞれグループ名を考えたり、何をしたいかイメージを膨らませていたようです。昨年、『キラキラ・デー』を経験したからでしょうね。

 

 その時間、0歳児のご両親が見学に来られていたので、子ども達がグループ名を話し合っている姿を見られなくて残念でしたが、どのグループもいろいろ意見が出て、なかなか決まらなかったようです。


 グループ名は紆余曲折の結果、「さかなグループ」「釣りグループ」「りんごレーシンググループ」になりました。さかなや釣りが出たのは、昨年室見川に魚釣りをしている人を見に行ったり、小戸公園の海で遊んだからでしょうか?グループ名=テーマではないので、それぞれのグループのテーマが何になるのかとても気になります。


 りんごの花保育園の「りんご」がグループ名についたのはちょっと嬉しかったです。子ども達は「りんご」にどんな活動をイメージしているのでしょうか?


 子ども達の意見を聞きながら、でも、私たちが子ども達に経験してほしいことや考えてほしいことを提案しながら、1年間『キラキラ・デー』の活動を楽しみたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square