運動会リハーサル

運動会のリハーサルでした。朝から壱岐公園に行くと、地域の方がゲートボールをされていたので、始めるのが遅くなってしまいました。子ども達にも先生たちにも申し訳なかったです。

 はな組(2歳児)は、黄色のすずらんテープで作ったスカート(?)を履いて、♪ひまわりハッピー♪という曲を踊っていました。大きな声で歌いながら踊る子もいて、とてもかわいくて、見ているだけで幸せな気分になります。

 2歳児は、場所が変わったり、他の人に見られたり、その日の気分でも違うので、当日踊ってくれるかどうかは予想がつきませんが、それも2歳児らしくていいと思います。

 りんご組(3・4・5歳児)は、かけっこ・リレー・器械体操・組体操・パラバルーン・遊戯と、どれも全力でがんばっていました。5歳児のリレーは見ごたえがあります。リレーという競技はなんでこんなに燃えるのでしょうね。ほとんど練習はしていないそうですが、力が入ります。転んでも泣かずにすぐに起き上がって走り出します。負けると悔しくて涙が出ます。勝ちたい、負けたら悔しいと思う気持ちは、意欲に繋がりますね。時には競争するのもいいです。

 今年はコロナウイルスのために、プログラムを短縮して行うのですが、最初から最後まで一生懸命がんばる子ども達の姿を見ると、胸がいっぱいになります。1年(半年)でこんなに成長するのだなと改めて子どもの成長の速さと大きさに感動します。

 運動会まであと10日。夕方、2階の保育室から降りて来た子ども達の足取りはとても軽やかでした。「1、2・・・」「3、4・・・」とまるで歌を歌っているかのように、楽しそうに号令を掛けながら生き生きと楽しそうです。こんなにのびのびとした子ども達なので、子どもの主体性を尊重した運動会を見て頂けると思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square