頼もしくなりました

 今日の午前中は、壱岐公園まで歩いて行って運動会の練習をしたりんご3組(5歳児)の子ども達。組体操をして、全身砂まみれでしたが、帰りも元気いっぱい歩いて帰って来ました。

 それから給食を食べて、しばらくすると、神社に向けて出発。虫取りや田んぼのあぜ道でリレーの練習をしたそうです。その後は、近くのグループホーム『さくらの家』さんにおばあちゃん達を訪ね、玄関越しですが(コロナウイルス感染防止のため)、ゲームをしたそうです。子ども達手作りの糸電話で話すと、とても喜んでくださったそうです。

 予定通り、14時半位に園の前の道路を帰って来ていたのですが、そのまま素通り・・・どこに行ったのかと思ったら、今日で最後の勤務になる給食の先生にプレゼントをする花束を取りに行ったそうです。主任のA先生が、「お花を取りに行くけど、どうする?」と訊ねると、「行く~!」と言う返事が返ってきたので、みんな揃って少し遠いお花屋さんに行ったそうです。

 さすがに園に戻った直後は疲れた様子だったらしいのですが、おやつを食べる時には回復して、楽しそうに食べていました。今日一日で、何キロ歩いて、どれだけエネルギーを消費したのでしょうか。夕方も、園庭で遊んでいる姿を見ると、少しもパワーは落ちていませんでした。

 小学校就学前の子ども達は、心も身体も急激に発達します。体力だけでなく、心も発達し、相手の気持ちを察することもできるようになっていきます。頼もしくなったりんご3組の子ども達を見ながら、開園当初3歳児で入園した頃を思い出しました。お家の方と離れるのが寂しくて何ヶ月も泣いた子もいて、大丈夫かな~?と心配したことがウソのようです。


 明日は、運動会のリハーサルです。きっと一晩寝たら、元通りに回復しているのでしょうね。子ども達に負けないように私も頑張ります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square