魚はおいしい

 毎週1回に行っているプロジェクト保育(1年間テーマを決めて、子ども達が自分で考えたり、友達と話し合って進める活動)『キラキラデー』の日でした。


 私は、さかなグループと一緒に、ドン・キホーテまで魚を見に行きました。暑い中、子ども達は楽しそうに、途中何度もお茶を飲みながら歩きました。暑いので大丈夫かな?と心配していたのですが、セミを見つけたり、様々な発見をして、元気いっぱいでした。


 ドン・キホーテでは、魚売り場に行って魚を見ました。A先生が下見に行った時は、大きな鯛が並んでいたそうですが、今日はあまり大きな魚はいませんでした。売り場の方に尋ねると、「今日は大きな魚はないよ。これだけだよ。」と言われました。暑いので捕れないのでしょうか?


 子ども達はがっかりするんじゃないかと思ったのですが、「じゃあ、アジがいいんじゃない?イトヨリは?」と商品に書かれている名前を読みながら、どれにするか悩んでいました。結局、アジ2匹とイサキ2匹を買うことにしました。


 帰りはさらに暑かったので、歩くスピードが落ちていましたが、誰一人「疲れた」と言わず、最後までしっかり歩いて帰りました。「楽しかった~!」と言う声がたくさん聞かれました。


 午後、りんご2・3組(4・5歳児)は、疲れているはずのさかなグループの子ども達3人も含めて、福重郵便局に手紙を出しに行きました。すごい体力です。体調不良で休んでいるS先生に、「手紙を書きたい。」と子ども達から声が上がり、手紙を書き、自分達でポストに投函したいということで、さらに暑い日差しの中、がんばって歩いて郵便局に行きました。子ども達のS先生を思う気持ちを愛おしく思いました。


 おやつの時間に、さかなグループが買ってきた魚を塩焼きにして出してもらいました。4匹の魚をお箸で取り分けたのですが、驚くほどよく食べ、お代わりをする子がたくさんいました。丸ごとの魚はあまり食べたことがないと思いますが、とても美味しく感じてくれたようです。残すことなく、きれいに食べることができてよかったです。







 暑い暑い日が続きますが、子ども達の心が育つ活動ができました。おやつに梨も出たのですが、梨が苦手なYくんは、魚をお代わりするために、一口がんばって梨を食べたそうです。今日の経験で、魚が好きになった子が増えたような気がします。

特集記事
最新記事