あの日から7年

今日は、3.11 東日本大震災から7年目の日でした。7年前のあの日のことは、絶対に忘れません。震災で被害に遭われた方はもちろん、あの日を知っている全ての日本人の心に、消し去ることのできない悲しみと無力感を与え続けるのだと思います。

 あの日、子ども達がお昼寝から起きだした頃、震災の一報を聞きました。大きな地震が起こったらしいということを聞き、テレビのスイッチを入れると、この世のものとは思えないようなすさまじい映像が映しだされました。あまりのことに、現実のことと受け止めるのに時間がかかりました。地震、津波、原発の危機的状況・・・次にどんなことが起こるか分からない不安の中、想定外の災害・・・この言葉を何度聞いたことでしょう。テレビの画面を見ながら、もう今までのような生活はできないと漠然と思いました。当たり前だと思っていた生活が砂のように崩れていく様をまざまざと見せつけられたのです。日本が日本であり続けることができないだろうと思いました。

 あれから7年。復興が進んでいるところとそうでないところの差は歴然としています。あんな悲惨な目にあったのに、原発はなくなりません。予想できないことが起こることを知っているのに、目をつぶって知らないふりをしています。あの震災から私達が学んだことは何だったのでしょうか。

 東日本大震災の時に、認可保育園で一人の犠牲者も出さなかったのは、私達の誇りでした。日頃の避難訓練が生かされたのです。ある保育園では、日頃から津波を想定して、避難訓練の時には2歳の子ども達も山の上の方まで歩く練習をしていたそうです。

 地震だけでなく、火災、水害、台風、不審者など、いつ被害に遭うかわかりません。それが起こり得ることを私達は学びました。

 りんごの花保育園でも、様々な緊急時に落ち着いて対応できるよう、毎月の避難訓練に真摯に取り組んでいきたいと思います。

『りんごの花保育園』開園まで20日

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square