人財

今日も開園に向けて、10人の先生達が準備を進めてくれました。保育室にロッカーやテーブルが入ると、また気持ちが高まります。私の友達が譲ってくれたエレクトーンも存在感があり、入園式で子ども達と一緒に歌うのが楽しみです。

 先日、前の保育園の卒園式に出席した時に、県議会議員さんが1名、町議会議員さんが5名、役場関係の方が2名来られていました。毎年入園式・卒園式にたくさんのご来賓の方が来て下さいます。

 開園から毎年欠かさず来て下さる女性の町議会議員さんが今の園長に、「この園は先生達がずっと変わらないですね。どうしてですか?」と尋ねられたそうです。園長は、「失敗しても誰も責めないし、みんなで一緒にがんばろうっていう雰囲気がいいのかなと思います。」と答えたそうです。

 私もそう思います。みんなで一緒に同じ目的に向かってがんばっているので、誰かが失敗しても、みんなで補えば大丈夫だとずっと思ってきました。自分のクラスさえ良ければいいとは誰も思っていません。手が空いていれば手伝おう、手が足りなければ手伝ってもらおう・・・それが当たり前の園でした。

 初めて卒園児を卒園させた先生が、謝恩会の後、「この子達はこの園の先生みんなでここまで育てて来ました。私の力ではありません。小さい頃からしっかり育てて下さった先生方のお陰です。いつもいろいろ手伝ってくださってありがとうございました。」と全員の先生に言ってくれました。すてきな先生達と一緒に仕事をしていたんだなと改めて思いました。

 保育園の保育の質は、保育士や栄養士の質だと思います。りんごの花保育園も、互いに補い合い、助け合いながら、みんなで一緒に子ども達を育てていくという温かい風土を創っていきたいと思います。

『りんごの花保育園』開園まで12日

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square