なまえ

 りんごの花保育園では、子ども達の名前を省略せずに、お家の方が付けられた名前をきちんと呼ぶようにしています。例えば、こうじろうくんだったら、こうくんって呼んでしまいそうですが、せっかくお家の方が悩んで悩んでつけられた大事なお名前なので、こうじろうくんって呼ぶように決めています。名前をきちんと呼ぶのは、その子を大事にすることに繋がると思うからです。

 名前は、かなり大きな影響力を持っています。名前がつくと、今までそれぞれの心の中で描いていたバラバラのイメージがだんだん近づきます。

 保育園では、慣習的に早朝の保育を早出(早出)、夕方の保育を遅出(おそで)とか居残りと呼んだりします。居残り・・・響きが悪いですね。残されているって感じがして嫌な気持ちがしますよね。

 なので、りんごの花保育園では、8時半前の早朝保育を『おはよう保育』、17時以降の保育を『こんばんは保育』と呼ぶことにしました。少し優しくてあたたかい響きになりました。名前はとても大事です。名前がつくと、それぞれが頭に描いていたイメージが統一されていくからです。

 明日は健康診断。また赤ちゃん達が怖がって泣くと思います。健康診断も、もっとわかりやすい名前にして、次回は楽しんで受診できるよう工夫しなくては・・・。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square