りんご組

りんご組(3・4・5歳児)の保育参観をしました。朝の会には、『文学』のコーナーがあります。N先生が詩を暗誦し、子ども達もその後に続くのですが、聞いていると、とても心地よくて、日本語って綺麗だなと思います。詩の世界に引き込まれて、子ども達がその瞬間、とても集中しているのが良く分かります。聞いている子ども達の頭の中にどんな風景が広がっているのか見てみたいと思います。

 朝の会の後は、リズム遊びでたくさん体を動かしていました。リズム遊びには、音を聞く力、リズムを刻む力、表現力、瞬発力、そして、自分の身体をコントロールする力が求められます。一人ひとりがそれぞれ持っている力を発揮できるリズム遊びは、年齢が違っても、楽しめて力がつく活動だと思います。3・4・5歳児の女の子がとても楽しそうに、のびのびと体を動かしていました。リズム遊びに入れない子もいましたが、楽しそうな子ども達の姿に惹かれて、だんだん一緒に動けるようになると思います。

 給食は、自分で食べたい量を先生に伝えて注ぎ分けてもらっていました。そろそろ当番活動をしてもいいのではないかと思います。子ども達が持っている力をしっかり引き出し、できることは自分でするということが当たり前になるといいなと思います。

 3・4・5歳児には、望むことがたくさんあります。自分のことは自分でできるようになること、困っている子がいたら、助けてあげること、自分がしたいことを言葉にして伝えようとすること、友達のしたいことがわかり、力を合わせてやり遂げようとすること、自分の得意なことを見つけ、それを思いきり楽しんだり、がんばったりすること・・・。

 りんご組の子ども達を見て、どんな姿に成長するのか考えるとワクワクしました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square