September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

September 14, 2020

September 13, 2020

September 12, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

父の日

June 17, 2018

 今日は父の日。母の日に比べてスポットライトが当たらないですね。最近は、お父さんも子育てに協力的なので、もっとスポットライトが当たってもいいと思うのですが・・・。抱っこひもで赤ちゃんを抱っこして、颯爽と歩くお父さんはかっこいいと思います。

 

 

 先日の保育参観の時も、お父さんがたくさん参加して下さいました。子育てに関わると、子どもの成長が実感でき、さらに可愛いと思いますね。

 

 

 興味深い調査があります。子育てに積極的にかかわる父親の方が、かかわらない父親より、子どもは自分の分身ではないと感じているそうです。子育てにかかわることにより、子どもはその子自身の意志や個性を持った『自分とは異なる存在』であると認識していくようです。子育てに関わることで、親として成長していくのですね。

 

 

 私達の時代は、母親が一人で子育てをしている家庭が多かったと思います。母親は家庭を守り、父親は仕事をして家族を養うという考え方が普通でした。これは、お父さんにとっても寂しいことですよね。子どもにかかわるからこそ、親子のきずなが強くなるのですから・・・。

 

 

  最近は、お父さんが、「子育て、手伝うよ」と言うのは、NGだそうです。「手伝うのではなく、同じようにするのが当たり前でしょ」・・・という娘の言葉を聞いて、「いい時代になったね」と言いたかったのですが、やめました。それもNGワードになりそうなので。

 

 『父の日』は、これからスポットライトが当たりますよ。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square