職員勉強会

今日は第2回の職員勉強会で、今年の実践研究のテーマを決めました。

テーマは、『自分を好きで、友達を大好きな子にするには、保育者のどのような関わりが必要か』になりました。開園して1年目、子どもが自分を好きになり、友達を大好きになるには、保育者のどんな援助が必要かを追求していきたいと思います。

 自分をいいな、好きだなと思えるのはどんな時でしょうか?どんな場面でしょうか?友達がいて嬉しい、大好きだと感じるには、どんな経験が必要でしょうか?単純なようで、実はとても難しい人格の土台に関わる課題です。子ども達の嬉しい姿、成長した姿が、各クラスの先生達の実践記録で浮かび上がってくると思います。私が気づかなかった〇〇ちゃんの成長を、先生達がきっと嬉しそうに報告してくれることでしょう。

 議題の3番目は研修報告でした。福岡市は様々な研修を準備してくれるので、研修を受ける機会がたくさんあります。研修を受けて一番心に残ったことを報告してもらいました。初任者研修で職場関係づくりの研修を受けたN先生が、「休憩室で、先生達が私に『大丈夫だよ』って言ってくれたり、アドバイスをしてくれるので、とてもステキな職場だなって思います。」と言ってくれました。その言葉を聞いて、みんな少ししんみりしました。そんなことを言ってくれる新任の先生がいること、休憩室がそんな場になっていることが嬉しかったです。

 勉強会を終えて、先生達との距離がまた近くなったような気がします。明日も、一人ひとりの子ども達を心を込めて迎えたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square