水害

水害を想定した避難訓練を行いました。W先生が、子どもたちに、室見川がいっぱいになって溢れたら、危ないから、『急いで、ゆっくり』りんご組の部屋に行きましょうと話してくれました。非常ベルが鳴ると、子ども達は、真剣な表情でりんご組のお部屋に移動しました。0歳児・1歳児・2歳児さんもりんご組に行ったのですが、階段を上がるのが少し嬉しそうでした。

 2階に上がって、「みんなの命はひとつしかないから、大事にしようね。みんなの命は先生達が守るから、ベルが鳴ったら、先生達のところに来て、しっかりお話を聞いてね。」と話しました。

 りんご組の子ども達は、みんな目を見て話を聞いてくれました。地震などの自然災害が頻繁に起こるので、きっとおうちでも災害が起きた時の話をされるのでしょう、避難訓練の時は真剣に話を聞いてくれます。

 あの豊かな室見川が氾濫した時を想像しただけで怖くなります。今年の梅雨は降水量が少なかったのですが、そんな年の梅雨の終わり頃の雨には注意が必要です。

 室見川が氾濫して避難勧告が出たら、りんごの花保育園の園舎の2階で待機します。避難する時間が十分ある時は、西体育館に避難して保護者の方々のお迎えを待ちます。これからも、子ども達の命を守るために、様々な想定をして訓練を続けていきます。

 今の平穏で幸せな日々がずっと続きますように。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square