September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

September 14, 2020

September 13, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

だめなものはダメ!

July 25, 2018

 事務のSさんから聞いた話です。

 りんご組に行ったら、3歳男児の〇くんと女児の〇ちゃんが、玩具の取り合いをしていました。どうしても譲ってくれない〇ちゃんに、〇くんは大泣き。

 

 Sさんは、〇くんに、「〇ちゃんに貸してって言ってごらん。」と言ったのですが、〇くんはなかなか泣きやみません。困った(と思います)Sさんは、「ぼくがやってみるから見ててね。」と言って、〇ちゃんに、「〇ちゃん、そのおもちゃ貸して」と言うと、〇ちゃんは、「ダメ!」と一言。Sさんの面目は丸潰れでした。

 

 

 その話を聞いて、〇ちゃん、いいな~と思いました。大人が貸してって言っても『だめなものはダメ!』なんですよね。大人に言われたからって「いいよ。」って言わなかった〇ちゃんはステキです。

 

 

 

 子どもの世界では、友達が持っているものがほしくて、よくけんかが起こります。言葉が出始めの頃、お友達の玩具が欲しいという子に、「貸してって言ってごらん。」とよく声を掛けますが、やっと「貸して」って言ったのに、貸してもらえることはほとんどありません。使っているおもちゃであっても、使わないおもちゃであっても、友達が「貸して」って言う位魅力があるおもちゃなのですから、そんなに簡単に手放したくはないのです。それでも、たま~に、「いいよ」と友達が貸してくれた時のあの嬉しさ・・・

 あの嬉しい気持ちをたくさん経験すると、自分も「いいよ」と言えるようになるのだと思います。

 

 「ダメ!」と言った〇ちゃんも、もうすぐ「いいよ」と言えるようになりますよ。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square