September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

September 10, 2018

 9月6日に父が急逝しました。突然のことで、悲しくて、悲しくて・・・。こんなに辛いとは思っていませんでした。最近は風邪をひくこともなく、元気だったので、信じられません。

 

 

 日本の高度成長期を支えた世代なので、朝早くから夜遅くまで本当によく働いていました。日曜日に休むこともなく、運動会、卒業式、学校の行事に来てくれたことはありませんでした。

 

 父に叱られたことはありません。無口ではなかったのですが、顔を合わせて話すこともあまりなかったように思います。そんな親子関係だったので、母が亡くなった後、同居をしても、何を話せばいいか分かりませんでした。きっと父は寂しかっただろうと思います。

 

 昨年、「自分の保育園を作るよ」と父に話した時、急にぱっと顔を上げて、「それはいいこと」と手を叩いて喜んでくれました。振り返れば、いつもいつも私の味方でした。

 

 何もできずに、ちゃんと話もできずに別れは突然訪れました。ごめんなさい、ごめんさない・・・・何もできなくて。親孝行な娘じゃなくて。後悔ばかりです。

 

 

 

 最近、父親と娘が友達のような親子も増えています。父親の威厳が・・・と批判的な意見もありますが、大きくなってから父親と話そうと思っても難しいです。小さい頃から、たくさん話せるような関係が大事だと思います。

 

 

 今は何をするのも辛いのですが、それでも父の恩に報いるために、自分で選んだ道を1歩ずつ踏みしめながら歩いていきます。

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square