体罰

野球チームの監督の体罰がテレビで取り上げられていました。その前は体操選手に対するコーチの体罰も・・・

 私が小学生の頃は学校の先生からげんこつをされたり、廊下に立たされたりするのは日常茶飯事でした。

 中学・高校の部活では、体罰は公然と行われていました。

 保育園に勤め出した頃は、保護者の方から、「悪かったら叩いて下さい。」と当たり前に言われていました。

 日本社会は成熟してきたのだと思います。セクハラやパワハラに対する意識も高くなりました。人を尊重するのが当然の世の中になって来たのですね。

 体罰は絶対にだめです。怖いから、叱られるから、叩かれるからと言ってすることに意味はありません。

 最近の子育てはどうですか。悪いことをしたら、叩いたりするのでしょうか。私は最初の子どもは、悪いことをしたらお尻を叩いたり、手を叩いたりすることもありました。それが躾だと思っていました。でも、2番目の子どもは、一度も叩いたことはありません。

 子どもにも自尊心があります。体罰は自尊心を傷つけます。自分には価値がないと思ってしまいます。

 子どもはすぐにはわからなくても、繰り返し話せばわかるようになります。子育てにも、人としての生き方にも、辛抱が必要ですね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square