September 25, 2020

September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

言霊

October 7, 2018

 りんご組(3・4・5歳児)の子ども達同士のつながりが強くなった証でもあるのでしょうが、最近友達の名前を呼び捨てにする子ども達がいます。その度に、先生達が「〇〇ちゃん」「〇〇くん」と言い直して注意をしてくれます。でも、呼び捨てにすると、自分が強くなったような、友達との仲間意識がより深まったような気がするのでしょうね、なかなか治りません。

 

 りんごの花保育園では、子ども達を呼ぶ時に、「くん」「ちゃん」と付けるのは言うまでもなく、名前を短縮しないで、きちんと呼ぶように決めています。名前を大切に呼ぶことも、その子を大切にすることに繋がると思っているからです。

 

 

 古来から言葉には不思議な力が宿っていると言われ、発した言葉通りの力が現われると信じられてきました。言葉は、人を元気づけることもできれば、傷つけることもありますね。

 誰かが優しい言葉や温かい言葉を使うと、みんなに伝わり、園全体に広がります。残念ながら、反対もです。

 言葉を使い始めたばかりの子ども達の前に立つ私達は、言葉の重みを意識して子どもたちに伝えていかなくてはと思います。

 

 

 開園して6ヶ月が経ち、子ども達との関係も深まって来ました。だからこそ、自分達の言動を見直して、さらに信頼される大人になりたいと思います。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square