アンガーマネジメント

以前から行きたかったアンガ―マネジメント研修に参加しました。アンガ―は、「怒り」、マネジメントは、「後悔しないこと」。怒るのは人間が持っている自然な感情なので悪いことではなく、「怒り」の対処の仕方が問題だということを学びました。あの時、あんなに怒って失敗した・・・と後悔したり、その後の人間関係がうまくいかなくなるのは、とても辛いことです。

 「怒り」の感情のピークは6秒ほどで、この6秒間に怒りの感情を表現すると後悔する確率が高いそうです。最近はラインのコミュニケーションが増えていますが、受け取ったラインの言葉に「怒り」を感じて、6秒以内に返信してしまうと、大抵後悔するそうです。ラインは文字として残るので、なおさらですよね。

 「怒り」の感情のピーク6秒間のやり過ごし方を教えてもらいました。

〇魔法の言葉を心の中で言う 〇頭の中を真っ白にする  〇深呼吸  〇目の前のものを観察する  〇その場から立ち去る などなど、とにかく「怒り」の感情から一旦離れることを心掛け、すぐに言い返したり、行動をしないことが大事だそうです。

 自分の「怒り」の感情を、分析したり、具体的な対処の仕方を前もって準備しておくという発想はとてもおもしろいと思いました。感情に流されるのが人間ですが、感情のメカニズムを知り、理性で処理できるのも人間です。

 運動会前の忙しい毎日ですが、こんな時こそ活かしたい研修内容でした。私も、「怒り」のピークの6秒間をやり過ごす、できればすてきな魔法の言葉を見つけたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square