こども会議

夕方、りんご組の部屋に行くと、「わ~っ!園長先生だ~!」と子ども達が全員一斉に歓声を上げて駆けてきました。何が起こったんだろうと思ったら、みんな大興奮で、口々に、「魚を捕る網を買ってもいいですか?」と言っていました。

 今日も、室見川へ行った子ども達。軽く運動会の練習をした後に、川岸に降りて、魚にパンをちぎってあげたそうです。そのうち、男の子が、木の枝を拾って魚釣りをする真似を始め、他の子も同じように魚釣り遊びを始めると、「本物の魚釣りがしたい!」という気持ちが盛り上がったそうです。

 夕方、N先生が、「魚を釣るにはどうすればいい?」と訊くと、「網で魚を捕ればいい。」「じゃあ、こんな網?」と、(わざと)ホワイトボードに網の目が大きい魚捕り網の絵を書くと、「それじゃ、魚がにげちゃう。」と子ども達の鋭い発見。「園長先生に、網の目が小さい網を買ってもらおう!」という意見が出た時に、私が登場した・・・ということでした。

 自分達の発見から、自分達のしたいことが実現するかもしれないのですから、子ども達が興奮するのは当然です。キラキラ輝る瞳と、ワクワクしている気持ちが伝わってきて、私も一緒に盛り上がってしまいました。

 「魚捕り網は何本あったらいいの?」と訊くと、「みんなの分!」「そんなにいっぱい買ったらお金がなくなっちゃうよ(もっと他の理由を思いつけばよかったのですが)。どうしょう?」

 どうすればいいか、時々りんご組で開かれている子ども会議で決めるそうです。会議の結果を楽しみに待ちたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square