心のポケット

幼児教育アドバイザーとして、園内研修に呼んでくださった保育園に、事前にお話を伺いに行きました。

 歴史があって、立派な保育園にも課題があるのですね。保育に対して前向きに真摯に取り組んでいらっしゃる園長先生、主任の先生とお話をして、考えさせられることがたくさんありました。

 前の保育園で公立保育所を民間移管して園長になった時、地域で1番信頼される園になることを目標にしたことを思い出します。子どものために一生懸命がんばったら、すぐに1番になれると思っていたのですが、地域で信頼される園になれたと実感できた時には、10年が経っていました。歴史は重いです。

 開園してまだ7ヶ月。地域にとってなくてはならない存在になるには、どのくらいの時間がかかるのでしょう。「子どもを預けるなら、りんごの花保育園がいいよ」と言ってもらえる日はいつ来るのでしょうか。歴史ある保育園の園長先生、主任の先生とお話をしながらそんなことを考えていました。

 開園から大変な日々を過ごしてきました。それを乗り越えられたのは、一緒に頑張ってくれた先生達のお陰です。温かく見守って下さる保護者の方、いつも元気をくれる子ども達、友達、家族・・・たくさんの人のお陰です。

 時間が経ったり、忙しかったりすると、つい忘れてしまう感謝の気持ちを、落ちてしまわないように、心のポケットにしまっておかなくてはと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square