September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

見方・味方

November 9, 2018

 短大時代のテニス部の友達が、りんごの花保育園を見に来てくれ、私の夢が叶ったことを喜んでくれました。

 

 

 その時の会話です。

 「いつ頃から、自分の保育園を作りたいって温めてきたの?」「20年くらい前からかな。何度もプレゼンしてダメだったけど。」

 「今度実現できたのはどうしてだと思う?」「私がしつこいからかな・・・」

 

 その言葉に、友達が、「思い出した!『私がボールボーイをします』って言った真夏の試合で、4時間ねばって勝ったことがあったよね。もう、とっぷり日が暮れて、足の裏が全部豆だらけになってて、あの時はびっくりしたよ。あのしつこさが夢を実現させたんだね」

 

 

 私も思い出しました。真夏の試合で、4時間相手の球を拾って拾って粘り勝ちしたこと。それを支えてくれたのは、同じテニス部の仲間達です。あれから38年も経ったのに、こうして私の夢が叶ったことを喜んでくれるなんて、嬉しくて不思議な気がしました。

 

 しつこい・・・いやなイメージがある言葉ですが、別の表現で言えば、粘り強い、辛抱強いと言えるかもしれません。見方(味方)によって、捉え方、感じ方が違いますね。私も、人を見る時(特に子ども達を見る時は)、良い見方(味方)をしたいと思います。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square