今、この時を

入院中の先生のお見舞いに行きました。思った以上に元気で、みんなで座って話していると、誰が病気なのか分からないくらいでした。本当にホッとしました。復帰にはもう少し時間がかかりそうですが、w先生が安心して休めるように、みんなで力を合わせてがんばって行こうと思います。

 それぞれの先生が子ども達の成長した姿やかわいいエピソードを伝えると、W先生は元気が湧いてくるようでした。次から次に出てくる子ども達の話に、りんごの花保育園の先生達は、本当に子ども達が大好きなんだなと嬉しくなります。

 「日常のありがたさ」を語ってくれたW先生。毎日忙しくても、大変でも、安心できる我が家で生活できて、仕事ができることはなんて幸せなんでしょう。

 誰だって、明日が約束されているわけではありません。いつ病気で倒れるか、事故に遭うかもしれないのです。父が亡くなってから、特に「生きる」ことと、「死ぬ」ことの境界線はそんなに明確なものではないと感じるようになりました。だからこそ、今この時を一生懸命生きなくてはと思います。

 明日も、元気でかわいい子ども達に会える、どんな楽しいお話をしてくれるんだろう?なんて言って困らせられるんだろう?嬉しいことも、ちょっと困ることも、全部含めて明日が楽しみです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square