September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

September 14, 2020

September 13, 2020

September 12, 2020

September 11, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

保育園の給食

December 11, 2018

 昨日、今日と給食の先生のお子さんが病気でお休みだったので、代わりに給食室に入ってお手伝いをしました。

 

 前の前の園の時も、給食の先生が体調を崩した時に手伝っていました。前の園は、給食業務を会社に委託していたので、手伝ったことはありません。久々の給食づくりでした。

 

 

 料理は好きなので、楽しみながらできるのですが、給食となると少し違います。子ども達の口に入るものなので、当然のことながら気を使います。野菜は次亜塩素酸に5分漬けてから切る、人参の大きさはこのくらいだったら大丈夫かな?と考えながら作りました。

 

 今の給食室の強い味方はコンベクションです。煮る・蒸す・焼く・揚げる・・・全てちょうど良くでき上がります(いろいろ試しながら時間や量を調整しないといけないようですが)。「コンベクションに入れて、タイマーを掛ければお任せできるので、最強の味方です」と給食の先生も言っています。

 

 毎日給食の試食をしているので、おいしいことはよくわかっているのですが、おいしさにはやっぱり理由がありました。野菜・魚・肉が驚くほど新鮮できれいです。今日のおやつのりんごも1個500g以上あって、蜜がしっかり入っていました。それをさつま芋と煮るのですから、まちがいなくおいしくでき上がります。

 

 野菜、果物、肉は国産、魚は近海で獲れたものを綺麗に捌いて毎日配達してくれます。たくさんの方の力があって、保育園の給食はおいしくでき上がっているんですね。感謝です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square