幼児教育無償化

 今年10月から幼児教育が無償化される予定です。保育園の関係者である私でさえ、幼児教育の無償化が最優先課題とは思えません。幼児教育の重要性が認識され、どの子にも質の高い幼児教育を・・・という理念で実施されるのでしょうが、今の状況で全ての子どもが質の高い幼児教育を受けることができるのでしょうか。

 最近、泥酔をしたまま子どもを預かろうとしたり、子どもを虐待しているような保育園など、全国各地で信じられない保育園のニュースが流れます。それもやっぱり氷山の一角としか思えないのです。そんな状況があるままで、大事な血税が使われていいのでしょうか。

 疑問に思う理由はもうひとつあります。十分保育料を支払える家庭までも無償化が必要でしょうか。それよりも、大学に進学したくても進学できない人や、多額の奨学金返済に苦しんでいる人達を優先すべきだと思うからです。

 総理の一声で実施されることが決まったような幼児教育無償化ですが、もっと十分な協議が必要だったのではないかと思います。

 幼児教育無償化で何がどう変わるのかよくわかりません。どう変わったとしても、私がすべきことは、子どもにとって質の高い幼児教育を実践することだと思っています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square