夜間保育所

昨日、福岡県保育所職員総合研修大会の中で、福岡市の夜間保育所の実践発表がありました。

 認可の夜間保育所は、全国で81ヶ所だけで、ベビーホテルは1530ヶ所あるそうです。福岡市では、30ヶ所のベビーホテルに592人の子ども達がいて、全国では1530ヶ所のベビーホテルに、26998人の子ども達がいるそうです。これだけ需要があるのに、行政の支援がほとんど届いてないのが現状だということを知りました。

 待機児童の解消には注目が集まるのに、なぜ夜間保育所には世間の関心が向かないのでしょうか。私自身、夜間保育所のことが気になっていながらも見ないようにしていたように思います。自分には何もできないと・・・。一番福祉が必要なところに手が届いていないという日本の現実を突きつけられて、考えさせられました。

 長時間保育と同じように、夜間保育も『質の高い保育』を受けることができれば、子どもの健やかな成長は保障されると言われていましたが、全国で81ヶ所しかない認可の夜間保育所ではとても対応できません。

 同じ保育の場にいても、夜間保育所のことが話題に上がることはほとんどありません。全ての子どもが等しく質の高い保育を受ける権利を保障すること・・・もっと周りを見なくてはいけませんね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square