September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

September 14, 2020

September 13, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

節分

January 31, 2019

 明日は、少し早い節分行事をします。怖くない赤鬼・青鬼がやってきて、みんなで豆をまいてやっつけることになると思います。

 

 先日受けた研修で、「節分に乾いた大豆をまくのは絶対にやめて下さい」と言われました。大豆が気道に入って、窒息などの重大事故につながった事例がたくさんあるそうです。未満児クラスは、新聞紙で作った豆、以上児クラスは、落花生をまく予定です。

 

 「新聞紙の豆や落花生じゃ鬼は退治できない」と子どもたちが言うかもしれませんが、そこは想像力を働かせてもらうことにします。

 

 10年くらい前の節分の日に、「鬼が来ないように」と言って、自宅からヒイラギの葉っぱを持って来て、保育室のドアや窓にセロテープで貼った年長児の男の子がいました。おうちでお母さんに、「イワシの頭も持って行きたい」と言ったら、「『そんなものは保育園に持って行けない!』と言われた」と悲しそうな顔をしていました。

 

 前の園では、節分の日に必ずお休みする子もいました。怖がらせたくないからというお母さんの思いもあったようです。それぞれの思いはありますが、やっぱりりんごの花保育園では、そんなに怖くない鬼に来てもらって、みんなで心の中の鬼を追い払おうと思っています。

 

 節分担当のS先生が、節分の保育計画に、「子どもを怖がらせることが目的ではありませんが、怖いものがあるということは大事なことだと思います。怖いものがあり、それでも豆をまいて鬼を退治する、自分に打つ勝つという経験をするのが目的です。やがては鬼(自分の心の中の悪いこと)を自分で退治するすがすがしさを味わえる人になってもらいたいものですね」と書いてくれました。

 

 誰の心の中にも鬼は住んでいます。人を妬んだり、悪く思ったり、批判したり、意地悪を言いたくなったり・・・、だからこそいつの時代もどこの社会でも、人は人間関係に悩みます。誰かが悪いのではなく、みんな良くない心を抱えながらも一生懸命生きている・・・。それを受け入れることができるといいですね。

 

 私の心の中の悪いもの、弱いものが退治できるよう、明日は真剣に豆まきをします。

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square