30年度最後の職員勉強会

今年度最後の職員勉強会でした。1年が経つのはあっという間です。ちょうど去年の今頃、新入園児説明会が園舎でできるかどうかやきもきしていました。その園舎の中で先生たちみんなと落ち着いて話し合うことができるだけでも、去年とは大違いです。

 平成30年度の保育の成果を振り返ってみました。まず一番に一人一人の子どもたちが確実に成長したこと。自分のことは自分でしようとし、自信をもって自分らしく過ごせるようになりました。自分で考えたり、行動を起こす姿をたくさん目にするようになりました。

 今日、りんご組の子どもたちはホットケーキを焼いて、他のクラスの子どもたちや私たちにふるまってくれました。嬉しくてたまらないようで、エプロンをつけて事務所の前で、子どもたち同士歌を歌って踊っていました。生き生きと楽しそうな子どもたちを見ているだけで幸せな気持ちになりました。友達への信頼感が育っていることも嬉しい成長です。

 保育の成果の2番目は、保護者の方との信頼関係が築けたこと。子どもたちを真ん中に、日常的にたくさんお話しできるようになりました。嬉しい限りです。たった1年でこんなに温かい関係ができるなんて、本当に良かったです。

 保育の成果の3番目は、1年間の保育活動を全て経験して、見通しが立つようになったこと。31年度はあまり回り道をせずに、子どもたちと一緒に日々必要な経験を重ねていくことができます。そう考えるだけで来年度の保育が楽しみです。

 開園して1年間、先生たちにたくさんの苦労をかけました。一緒にがんばってくれた先生たちに感謝の気持ちを忘れずに、働きやすい環境も作っていきたいと思います。まずは、健全な経営・・・がんばります。

特集記事