英語保育士

今日は、エジプトの留学生のご夫婦が1歳と5歳のお子さんを連れて、見学に来られました。

 りんごの花保育園には、英語が話せる先生が2人と調理士の人が1人います。ご本人達は、「あまり話せないんですよ。お役にたてるかどうか・・・」と謙遜されますが、英語が全く話せない私にとっては、本当にありがたい存在です。今日もその実力を発揮してもらいました。

 エジプト人のお父さんは、ドクターとして九大伊都キャンパスで3年間学ばれる予定だそうです。宗教上、食べてはいけないものがあるというお話を聞いて、コミュニケーションが取れないといろいろ困ることがあるだろうなと思いました。

 今後、外国人労働者の方の受け入れが拡大すると、保育園にも外国のお子さんがたくさん入園してくるかもしれません。英語が話せるようになりたいです。

 今日通訳をしてくれたM先生が、『保育英語検定』のことを教えてくれました。資格を取れば、インターナショナルスクールなど活躍する場が広がりそうです。

 昨年4月、全く日本語が話せずにりんごの花保育園に入園した中国から来日したEくんは、今ではほとんどの日本語を理解し、友達と大きな声で会話を楽しんでいます。お母さんは、日本語学校で勉強中で、少しずつ会話ができるようになっていらっしゃいます。

 みんなすごいですね。やっぱり英語が話せるようになりたいです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square