悲しい事故

大津市で、2歳の子ども2人の命が奪われる悲しい事故が起きました。言葉になりません。

 朝、保育園に預けた大切な子どもに二度と会えなくなるなんて、保護者の方にとって、こんなに悲しくてむごいことはありません。

 ニュースを聞いた時に、しばらく呆然となりました。どうすればこの悲劇を回避できたのか、いくら考えてもわかりません。

 東京の認証保育園の8割は園庭がないので、散歩に出かける園が多いとテレビのアナウンサーが話していました。一日中室内で過ごすなんて、可哀そうです。子どもは外で遊ぶのが大好きなのですから・・・。

 暑い夏、寒い冬は、散歩に行くのは躊躇われます。今が絶好のお散歩日和なんです。

 私達も、頻繁に散歩に行きます。園庭が狭いからという理由ではなく、保育所保育指針にあるように、園外に出て、自然に触れたり、様々な公共の施設に興味を持ったり、地域の人と触れ合ったりするのが、保育のねらいだからです。

 こんな事故があると、園外に出るのが怖くなります。子どもの命がこんなに簡単に奪われるということをまざまざと思い知らされて、怖くてたまらなくなります。

 今はただただ犠牲になった子ども達のご冥福と怪我をした子ども達、先生達の回復を祈ります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square