虫歯予防デー

6月4日は虫歯予防デー。りんごの花保育園では、一番キャリアが長いS先生と一番短いK先生が、『お菓子を食べて歯磨きをしなかったら、バイキンが出てきて、歯が真っ黒になる劇』をしてくれました。

 子ども役のK先生が食べているポテトチップスの袋を見た途端、いつもそれを食べている子は少し顔がひきつっていました。みんな歯磨きをしなくてはいけないことはわかっているのですが、歯磨きをした時に痛い思いをしたり、毎日するのは面倒になってくるようです。

 みんなで歯磨きの歌を歌って、S先生が「毎日歯磨きしようね」と言うと、大きく「うん」とうなづいていたので、今日は磨いてくれるかな~。

 磨かないと、なんだか気持ち悪い、落ち着かない気持ちになるほどに習慣づくといいですね。

 S先生とK先生の絶妙なコンビの劇は、ほのぼのとしていて、でも説得力もあって子ども達の心に届いたと思います。

 先日の歯科検診では、虫歯がある子は1歳児12人中1人、2歳児8人中3人、3歳児12人中1人、4歳児11人中4人、5歳児6人中1人でした。まだ全員前歯の虫歯だけなので、早く治療をしてほしいと思います。

 噛み合わせがよくなかったり、歯が重なって生えている子が14人いました。歯並びが悪くなる可能性があるので、歯が生え変わる前に一度受診をして、かかりつけ歯医者さんを見つけてほしいと思います。

 最近の子どもたちは顎が小さくて、歯並びが悪くなることが多いようです。歯は顔全体のイメージを変えてしまうので、歯並びは綺麗な方がいいですね。

 一生自分の歯でおいしく食事ができるように、小さいころから歯磨きの習慣をつけてあげましょう。

 ・・・・と言いながら、私は先日歯が欠けてしまって、現在治療中です。歯が欠ける前、何度も唇を噛み、こんなことは今までなかったので不思議でした。口の中で歯と舌はとても複雑な動きをしていると聞いたことがありますが、実感しました。早く治療が終わってほしいのですが、私の年になると時間がかかりそうです。やっぱり歯は大事ですね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square