経営的視点

令和最初の理事会を開催しました。平成30年度事業報告・収支決算報告、令和元年度事業計画・収支予算書の承認をもらう大切な理事会です。  りんごの花保育園の理事は、私を含めて6名。大学教授、認可保育園園長、会社経営者、民生委員と、様々な分野でご活躍の方ばかりです。それぞれの立場から、指摘やアドバイスをしてもらえるので、有り難いです。  平成30年4月に開園し、1年間季節ごと、行事ごとに保育用品、備品などを買い揃えたので、かなりの赤字でした。今年度は、経営の視点を持ちながら、保育の質を落とさないように、工夫しなければと思います。  社会福祉法人は、理事6名、監事2名、評議員7名で構成されています(もっと多いところも少ないところもあると思います)。会議の内容や方法、会計など、厳しい規制やルールが種々あります。だからこそ、社会的に信用される存在として機能するのでしょう。

 多額の税金が投入されているのですから、毎年監査を受けなくてはいけないのも当然です。とはいうものの、理事会や監査の準備は気を使います。毎回理事会が終わると思うことですが、もっと経営や数字に強くなりたい・・・

 明日は保育参観日。先生達が9時頃まで残って準備をしてくれました。家族の人に感謝をする「ありがとうの日」でもあるので、心に残る日にしたいと思います。日頃なかなか園に来られないお父さんも来てくださるので、「りんごの花保育園だったら大丈夫」と思ってもらえるような参観になるといいなと思います。 iPhoneから送信

Tags:

特集記事