給食の時間

りんごの花保育園のりんご組(3・4・5歳児)の給食は、主体的に食べようとする気持ちを育てるために、自分で食べたい量を言って(少し・いっぱいなど)、注いでもらったり、食べたいと思った子から、好きな席に座って食べています。時計に印をつけて、その時間までに食べ終わることを約束にしています。

 昨日の職員勉強会で、りんご組担任の先生達が、遊んでいる子に、「お席が空いたから食べようよ。」「時計を見てごらん。もう給食の時間が終わるよ。」と誘っても、なかなか座ろうとしてくれない、毎日毎日、「給食食べよう。」と声を掛けていて、これでいいのかと思っていると言う話がありました。

 「そんなに食べたくないなら、本当に時間になったら給食を下げてみたら?」という私の意地悪な提案には、誰も賛同してくれず(先生達、みんな優しいんです)、どうしたら主体的に食べてくれるだろう?とそれぞれ考えてみました。

 「他のクラスの先生が、りんご組に行って、『今日の給食、おいしいよ!一緒に食べよう!』と誘ってみたらどうでしょう?」と、昨年りんご組を担任していたN先生から意見が出ました。

 「まずは、園長先生がりんご組で食べてみてください。」と言われ、「私が一緒に食べようと言っても、そんなに喜んでくれないと思う・・・」と言うと、「そんなことないですよ!」という先生達の声に背中を押され、今日はりんご組に給食を乗せたトレーを持って行きました。

 子ども達も優しいです。「園長先生、ここに座って」と、トレーを置く場所を空けてくれ、歓迎してくれました。

 絶対生野菜は食べなかったKちゃんが、「園長先生見て、ほら野菜食べれるよ」と言って食べて見せてくれ、おかわりまでしている姿を見て、やっぱり日々子どもは成長していると嬉しくなりました。

 いつも検食で子ども達より先に食べているので、久しぶりに一緒に食べて、私自身もとっても楽しかったです。いつもおいしい給食がさらにおいしく感じました。

 今日は、何度も声を掛けなくても、だんだん座り始め、みんな楽しく落ち着いて食べていましたが、日によって違うのでしょうね。そんなことを繰り返して、少しずつ状況を見ながら、自分から食事をしようとする気持ちが育っていくと思います。

 給食・・・食べることは義務ではありません。食べることで心が満たされ、身体がつくられるのです。友達や先生達と食べる食事が楽しみな時間になるよう、これからも工夫していきたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square