September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

お母さんみたい

July 27, 2019

 最近、こんばんは保育(18時以降の延長保育)を利用する子ども達が増えて来て賑やかになりました。2、3人だとなんだかつまらなそうに見えるのですが、5、6人いると、とっても楽しそうに見えるのは不思議です。

 こんばんは保育では、毎日おにぎりが出ます。毎日おにぎりだと飽きそうな気がしますが、給食の先生が具を工夫してくれるので、小さなおにぎりを「一つがいい」「2つちょうだい」「おかわりください」と言いながら、机を囲んでみんなで食べているのが家族みたいでいいです。

 そんなこんばんは保育の昨日の出来事です。こんばんは保育は、月極めで利用する子ども達が多いので、仲が良いだけでなく、きょうだいのような関係になってきます。

  3歳児のHちゃんが、お部屋の中を走り回ってるのを見て、他の子ども達が「お部屋は走ったらダメ!」と、注意しました。みんなから言われたHちゃんは、隅の方で泣き始めました。

 「お部屋の中は、走ったらダメだよね。みんな危ないから教えてくれてるんだよ」と言って、膝の上に抱っこして、「よし、よし」と頭を撫でていると、3歳児のEくんがそれを見て、ニコニコ笑いながら、「お母さんみたい」と言ってくれました。Eくんのお母さんは、いつも優しいので、その姿を思い出してくれたんだなと思います。

 優しいお母さんが心の中にちゃんと住んでいると、これから先悲しいこと、辛いことを乗り越える力になっていきます。なんだかとっても嬉しいEくんの一言でした。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square