大雨警戒警報再び

今朝、娘からの「雨、ひどいね。テレビ見てびっくりしてる」というメールと、おはよう保育担当のM先生から送られてきた屋外園庭の写真を見て飛び起きました。2階の屋外園庭にあるプールに雨水が半分以上たまって、その中に遮光カーテンが浸っていました。  今日は、大川市の保育園・認定こども園の職員研修会に出席する予定で、いつもより遅い時間に目覚ましをかけていました。  慌てて保育園に行くと、欠席連絡が何件か入っていました。欠席の電話連絡の保護者の方から、「室見川の水位が上昇してますが、大丈夫ですか?」と聞かれ、昨年の7月6日の大雨の室見川を思い出しました。  「絶対に川を見に行かないで」と娘から念を押されていたのですが、やっぱり気になって見に行こうとすると、緊急サポートに来てくれた息子が見に行ってくれました。幸い、それほどでもなかったのですが、想定外の災害がいつ起きるかもしれません。  登園された保護者の方には、「お迎えをお願いする電話をするかもしれません」と言って子ども達を預かりました。大川市の職員研修会も延期の電話が入りました。当然ですね。こんな時に園を空けるわけにはいかないので、ホッとしました。  夜の報道番組で、「災害は進化する」と言っていましたが、実感です。年々災害の被害が大きくなっています。文明や科学の進歩を上回る速さで・・・。  昨晩から、避難指示が出され、「今すぐ命を守るための行動を取ってください」とテレビのアナウンサーが言うたびに、「大袈裟だな」と思わなくなった自分に気づきました。一番大事なのはたった一つの命です。明日は、安心して過ごせますように。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square