後だしジャンケン

8月末に発行した園だより『りんごの花だより』に、「幼児教育・保育が無償化になりますが、給食費は実費徴収になります」と書きました。10月から実施されるので、説明するギリギリのタイミングだと思いました。

 近くの保育園の園長先生にもお電話をして、国の指針通り、副食費4,500円、主食費1,000円を徴収させていただくことにしました。

 そんな矢先、9月5日の福岡市のメールに、副食費月額4,500円に、物価調整額681円を加え、合計5,181円が10月の委託費から減額されるという驚くべき内容が書いてありました。福岡市は、8月7日と、22日の2回、副食費の説明会を開催しましたが、その中で一切その話は出ませんでした。

 後だしジャンケンです。これが国のやり方でしょうか?先週9月6日の監査の時に、その件について訊ねると、福岡市の担当者の方も国の報告に驚いたそうです。

 ひどすぎます。毎月一人500円の給食費が減額されれば、原材料費を落としたり、量を減らしたり、なんらかの手を打たなければならなくなります。

 昨日、研修に向かう電車の中で、保育園にお子さんを通わせているらしい二人のお母さんが興奮気味に話している会話が聞こえてきました。「給食費5,000円払わなくちゃいけないってよ。福岡市の説明会が2回あったらしいけど、先生達もよく内容がわからないって。10月なのにね、ひどいよね。もう給食費払わないでいいんじゃない!?」語気を強めて話す二人のお母さんを見ながら、ため息がでました。

 幼児教育無償化・・・準備や説明が足りないのではないでしょうか?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square